新宿無駄写真

歌舞伎町、新宿、新大久保他の没写真

  • Twitter
  • RSS

    Image1044
    猫が、かつて永沢さんのお葬式もとり行われた、正受院裏墓地の塀の上に居た。
    このへんは若干冷えた空気もあるという心霊スポットでもあるのだが、
    日々飲み屋さんもたくさん営業しており、気の悪さは感じない。

    もともとは、このへん一体がお寺だから気にしてたらきりがないのだ。

    今朝は、故・永沢光雄氏(作家)行きつけの店で彼の没後第二作「愛は死ぬ」があったので、一人黙々と(一部は飛ばし読みしましたが)読んでいた。

    リアルに彼がかつて目の前に居た店で、かつて彼が声を持っていた頃、また声を無くした頃のホワイトボードを持って飲んでいた頃を両方知っているので、その本を読むと、まだ彼が店にいるような気がする。

    二丁目界隈の文章が多いだけに、このへんにいると、リアリティを持って迫ってくるのだ。新宿御苑がいつもと違って見えてくる「新宿の森」に非常に共感を持った。僕もいつも新宿御苑を周回するのが(時折の)日課だからだ。時折じゃ日課とは言わないか。彼も鬱だったという意味でも完全に先輩で、かつ同じことをしていた訳だ。

    彼の没後2作と、代表作。


    愛は死ぬ

    恋って苦しいんだよね

    AV女優

    ちなみに永沢さんの奥さんは、この近くの路地に「永澤」というお店を先月オープンさせた。平日は午前3時までやってるので、気が向いたら出版関係者の方は飲みにいってください。(永沢夫話ばかりだと湿っぽくなるので、明るい話題で)。
    ※現在は既に次へステップを踏まれているので、過去の話はあまり話さないほうがいいかもしれません。
    【PR】

    Image1039
    歌舞伎町の外れのほうの鳩たち。
    朝方、弁当をつついている。贅沢だ。
    しかも1羽1つ。2羽で2つ、弁当の残りをたいらげていた。
    ほんとうはその瞬間をベストショットで取りたかったのだが
    動き出してしまった。

    こういうのは本来、頭のよいカラスの役目なのだが、
    鳩も何か学習して進化しはじめたのかもしれない。

    Image1007
    MOA4番街の閉まってる(閉鎖された)喫茶店の脇と、セントラルロードへ向かう道にあるABC-MARTの脇に貼ってある、若干妖しげな広告。

    閉まってる喫茶店はともかく営業中のABC-MARTが剥がさないってことはなんか理由があるんですかね。株式会社なのにメアドがaol(アメリカオンライン。国内では現docomoAOL)なのも妖しげです。

    必要な人には必要なのかもしれない、しかし、路地裏の貼り紙で(本当に必要な人に)届くのか?

    Image10381
    午前中は曇り空でしたが、昼ごろは気持ちよい晴れ間があり、
    いい感じで櫻吹雪が舞っておりました。しかし、午後3時には曇り、閉園の頃には雷雨になってしまいました。


    ●新宿御苑HP(入場料200円、閉園4時)

    http://www.shinjukugyoen.go.jp/

    ↓HPが2つに分裂したようです

    http://www.env.go.jp/garden/shinjukugyoen/

    http://www.fng.or.jp/shinjuku/shinjuku-index.html

    Image1035
    ネオンぎらぎら、
    こうじゃないとね。

    このページのトップヘ