新宿無駄写真

歌舞伎町、新宿、新大久保他の没写真

  • Twitter
  • RSS

    20180612_180733_009
    沙県(さけん)小吃。中国本土に6万店あるお店だが、成り立ちが面白い。それの日本1号店? が高田馬場にできたのだが、中国人と中国マニアが物凄く並んでいて入れない(写真に列は入れなかった、歩道のガードレール側に行列ができている)。写真中央の人は店員でウエイトリストを持っている。
    後日いった。別記事へ。沙県小吃その2
    【PR】

    20180603_011732
    新宿の職安通り。少し前の撮影。ハナマサどっきり市場は、歌舞伎町の酒販店、塩田屋によるハナマサのフランチャイズ店舗だったのだが、この撮影時点では仮看板を見るとハナマサ表記がなくなっている。塩田屋ブランドになるようだ。

    20180609_235030
    20180609_235027

    大久保駅~新大久保駅間、淀橋教会、ジョナサンの左にあるほとんどの客が中国人の店、小魏鴨脖店(シャオウェイヤボー)が設備改装のため2018/6/1-15まで休み。その間は池袋店に行ってくれということか。貼り紙は関心が高いようで結構な在日中国人が見ていた。このお店は1回行ったことがある。いつも混んではいる。

    20180610_205311
    新大久保駅からの場合コリアタウンと反対に進んで徒歩3分程度、ドンキ新店近くの火鍋店小尾羊(シャオウェイヤン)の左脇路地になる裏道の半ば左手。大久保駅のほうが近め(2Fにある)ネパール料理ソルマリ&ネパール食材店が有名なビル。1Fは焼肉店うしさん、韓国料理緑香館との間という立地だが、もともと国際的な混沌とした場所にあるミニサイズ簡易店舗。以前はぎょうざ飲み屋として一時復活した紋郎があったところに、バインミー店ができるよう。一部メニューが窓に貼り付けられているがバインミーをメインとし、ミルクティー、チェーなどを扱う店舗になるようだ。
    20180612_042548
    特にチェー(ベトナムの甘いスイーツ)があるのは珍しい。持ち帰り屋台的な営業になるのかもしれない。

    店ができてるのかまだなのかは未確認。店名もわからないが、バインミー自体は筋違いの大久保駅高架沿いにも別の人気店がすでにあり、ベトナム人留学生の多い土地柄、こちらも期待が持てるかもしれない。

    20180602_234610
    20180602_234631
    紀伊国屋書店の左、元ビックカメラのあと廃墟になっていたビルが取り壊されるのと連動して、隣の水炊き鳥源が一緒に壊されるようだ。70年もこの地にあったんだね。
    2階席はしきり付きの和室、1階はカウンター中心で、接待や和食で酒のみたい時になどおせわになりました。近くで再開するとのことだが場所は明かされていない。ちなみにその左のコーヒー豆の店は無事のようだ。

    このページのトップヘ