新宿無駄写真

歌舞伎町、新宿、新大久保他の没写真

  • Twitter
  • RSS

    ◆高利回り。伊藤忠も出資ソーシャルレンディングならクラウドクレジット海外投資型クラウドファンディング。世界をよくしよう[PR]
    ◆ 数秒で希望のホテルを検索!文句なしのホテル比較サイト東京の人気ホテル・旅館が最大78%OFFトリバゴ[PR]

    image

    店員ひとり座ると終わり、ななめで1坪すらないような高田馬場駅前のガードに張り付いた戦後物件、以前は新大久保駅から少し東新宿方向に向かうセブンイレブンのわきにもある写真現像店が入っていたが、写真の需要が激減して撤退。こんどはポップな看板ができている。

    中国系のなにかなのだろうか。まだ投稿日現在では開店していないのでわからない。わが故郷の味とは、パンダのモチーフから中国系であることと食であることだけは示している。いずれにしても調理スペースすらないので、往来の邪魔にならないようにやるとすれば持ち帰り土産物くらいだろうし、実際のところどうなるのかはちょっと楽しみではある。

    追記:
    庇の脇を見ると弁当のビジュアルがあるから弁当屋かな。
    【PR】


    image

    十二社通りにほど近いところに謎のネオン輝くインパクトあるお店。ここ、新宿出身/浅草キッドの玉袋筋太郎が昔やっていたBSのスナック番組「ナイトスナッカーズ」の#1で1度見たことがある。かなり音響にこだわっているそうだ。(動画としては)Youtubeにも動画が上がってるので店名を足して検索すると映像で中も見られるはず。味があるというか謎に思っている人は多いはずだ。ちなみに隣にはホワイトハウスというビルもある。

    こちらのサイトにプレジデントの内部記事がある。(roadside diaries)

    image

    新大久保駅からガードを越えたところの信号沿いにあるキング理容はネパール人ご用達として有名だが同じビルの上のほうにある管楽器店の看板からは、なんだか気になる文字列が知らず知らず目に飛び込んでくる。
    まるでサブリミナルかのように。
    新大久保は楽器街でもあるのだが、管楽器屋さんは、駅沿いの数件や住宅地のものを除いては多くがビルの上のほうにある。

    image

    新大久保の東新宿との中間の交番から程近いところの横断歩道。わたった先、看板はあってもそのまま営業していないケースがいくつかある。左側のお店は看板の他にまんなかに表札が出ている(わずかに見える)ので、飲食はやめて民家になっているのだと思う。

    image

    歌舞伎町東通り突き当たり手前の路地裏にある、上海小吃の別館入口から外(花道通り方向)をみる。ここの外の観葉植物辺りが怪しい緑色になるのは、上から照らす街灯が、隣の建物の緑色のビニールの庇にあたって、光が透過したからだった。いわば天然の(ではないが、わざとやっているわけではない偶然の産物だからここでは天然という)照明フィルターみたいなもの。この建物は色々訳ありで、普通にみてもかなり年期入りつつ、このエリアの多くが3階建で、一部はビルとビルがつながっている。九龍城感もちょっとあるが、店舗以外に勝手にはいると近隣に怖い人もいて怒られかねないエリアなので注意したい。ここ、遠い昔には闇カジノがあった立地(を借りたもの)なので、携帯電話用の引き込み線の束や二重ドアの痕跡が見られる。僕は慣れっこなのだが、外で写真をずっと撮ってたりしてはいけない。その歌舞伎町らしい無言の威圧が幸いしてか逆に酔客も入ってくる本館よりも別館に回される客のマナーはよい。(別館には受付はなく、基本的に本館から回されるシステム)

    image

    引きでみるとこんな感じ。二重ドアだった跡がわかるだろうか。アングラな立地、これを踏まえてストーリーを想像すると楽しいはず。最近MXでやってるアニメ「アリスと蔵六」の1話の中華はこのお店(たぶん本館側)がモデル。他にもアニメ関係者だと亡くなられた今敏さんがこのお店が好きで、本館入ったところにはセル画が2枚かかっている。あとはロフト/ロフトプラスワンが近いこともありだいたいここで打ち上げというパターンが多く、昔は故・中島らもをよく見かけたし、サブカルチャーの人はほぼ全員きているだろう。曲のモデルにもなっており、たぶんKIRINJIの「雲呑ガール」は位置的にもエピソードからもこのお店を指している。よしもと本社から近いため、中堅の吉本芸人も多いが個室がなく新聞や週刊誌関係者も多く来るので、やましい用途では使われない。伊勢丹関係者も訪れ、同店のオンラインショップでは「上海シャオツー」で検索すると料理のハンカチも売られている。

    概ね歌舞伎町価格(単品1000円台)のお店ではあり、当たり外れも激しいが、シェアすれば許容範囲だし、いいものに当たれば満足する。
    ここの焼そばは意外にも美味しいのだが、
    image

    ノーマルな焼そばは、やや太麺だが、意外にも何度かモデルチェンジしており、この麺に落ち着いた。わざわざ選んでかなり遠いところから取り寄せている(一度入荷伝票を見た)。それ以外の麺はこだわってないが、この麺は好きな麺だ。

    このページのトップヘ