image

ここにくるのは背広着て某課に怒られに来るかパスポートや免許の更新かひまつぶしか、食堂で安くすまそうと思うとき。普通の人は怒られには来ないか。

某課では意見交換という体ではあるが指名を受けると必ず顔を出さなければならず、反省の意思を見せなければいけない。「(こういうものは存在するなというのなら)じゃあすぐ止めます」といったら「やめないで」って言われたことがある。生存権というか職を奪うまでのところまでは踏み込めないのだろう。だいぶその担当者とは仲良くなっていろいろ聞き出せた。

私の立場の人は怒られる上に仕事場では始末書まで取られて、年収も減る。職務を遂行しているだけなのに理不尽だが、都の都合も相手の都合もわかる。怒られたあとの議事堂のウィングに入る大手チェーンの定食はおいしい。

そんな思い出。まあ一般社会でのうのうと生きていたら、この体験はないだろう。なくていいんだが。

公務員の方々にとっては職場だし、普通には展望台などの観光で来る場所なのだが、まあどうにも都庁というと僕の中では謝りに来るか更新する場所、あるいは安い飯を食う所なのだ。

【PR】