20180103_211845
前にもあげたかもしれないが、没後何年目だろう、酔客のせいか痛々しく破けていてもまだ彼は歌舞伎町某所の狭い空間に紙のままだいじに飾られている。生前にはトークライブハウスの打ち上げだったか、生でここには度々来ていたらしい。見ることは一度だけあった。

こうしてポスターやポストカード、写真になって、亡くなられても新宿の飲食店の壁に残り続けている人っていっぱいいるのだろうな。


【PR】