新宿無駄写真

歌舞伎町、新宿、新大久保他の没写真

  • Twitter
  • RSS

    新大久保


    写真はあん肝。

    新大久保の魚系居酒屋では群を抜いている仙力。駅前のマツモトキヨシの角を入って2分くらいの左側にデカイ看板がある。

    また大久保通り沿い交番のとなり鉄砲稲荷神社の脇道にも支店がある。

    近くに支店のある店は繁盛しているに決まっているんで安心なんですが、ここは「あん肝」がいいんですね。あったらぜひ頼んでみてください。あのちょっと固い普通のお店のやつとはまったく見た目も食感も違ってとってもやわらかい。

    あん肝がいいなら、ということでアンコウ鍋もいただいちゃいました。本来ふぐとかのほうがメインなんでしょうけど。刺身盛り合わせもいい味でいい量のが出てきてよかったです。

    これで終電後もやってくれればなあ…地元系の店は閉めるのも早目なのです。早くから入って一杯がオススメ。日本酒ラインナップは豊富とは言いがたいのですが、ここは大衆酒を飲むべきところかと思いますので、不満はありません。

    仙力 魚介・海鮮料理 / 新大久保駅大久保駅西武新宿駅

    夜総合点★★★☆☆ 3.5


    POPSKINという韓国コスメ専門店が、新大久保職安通りのドンキ左脇道(新大久保の竹下通りとも言われる道)に5月中旬オープンとのこと。HONEY Cafe の右となり。新大久保駅からいく場合は改札出て右へ進み、スリーエフの角を右へ。路地を進みだいぶいった所にある(ドンキの建物が左に見えたらその対面の右側にある)。
    おおまかな地図はこちら(googleMap)
    ※元「海屋別館」のあった所。

    ※他の新大久保コスメ店舗はこちらに案内があります。
    http://matome.naver.jp/odai/2129587230854528801

     
    新大久保の韓流ショップも地震の影響で半分くらいは半月程度留学生不足で閉店していたが、2週を過ぎるとどんどん客が戻ってきた。娯楽に飢えているのだろう。

    そんななかでも、最近出来たお店がこのお店だ。正直せっかくきれいに店舗が出来たのに、地震でどうなっちゃうんだろう…と思われていたので、開店してよかった。 

    店の場所は新大久保駅を出て目の前の信号を渡って右方向に進み、徒歩2-3分くらいの左手。コーヒープリンスなども至近ですが、プリンスは混んでて入れない、なんてときにも、お店の敷居が低いので、ふらっと入りやすいです。 

    システムとしては、トッピングが選べるのがいい感じ。僕は個人的には餅をチョイスしてみた。 基本的にはセルフのようだが、実際には週末などであればお店の人(韓流イケメン)がヨーグルトアイス部分はやってくれる。味は思うとおりの味ですが、トッピングが日本風ではないので、思いもしない組み合わせになることもあるかと。 そのまま街に繰り出すこともできるのがとてもいいです。お店も上の階があるので店の中でも食べられるんでしょうけれど、買ってそのまま外で食べるのが楽しかったです(ゴミはごみ箱へ捨てましょう)。

    新大久保も週末は観光地なので、恥ずかしくはありません。 この手のお店としては駅のガード近くの2Fにある、アイスベリーがありますけれど、一度語学教室を始めた頃に移転して、元の場所に出戻ったりと若干安定していない面があります。こちらは安定してお店が続けば、それなりに流行るような気がします。 
    韓国のカロスキルのように、どんどんオシャレな店も増えてきた。今の新大久保はまだまだ韓国料理とK-POPアイドルグッズの街だけれど、あちら側だっていつも辛いものばかり食べているわけではないので、この手のショップがどんどん進出してくれないかなあ。洗練されて欲しい。

    20081222213339XSE4R
    風が強かったので、ほとんど外に人がいなかった。
    室内には普通に人がいた。

    浄水器を購入した。(歌舞伎町側の店舗で見つからなかったので)。

    Image184
    職安通りドン・キホーテのガム・ザ・コルの左となりにある24時間の軽食店舗として重宝していた「広場」が改装のためいったん閉店。確かに改装なのか、緑か青の何かに包まれている(暗いのでよくわかんない)。でもあの消えた高級韓国喫茶「ルネッサンス」と協力関係にあったお店なのでちょっと不安でもある。ドラミの石像は残ってくれるのだろうか。

    ちなみに写真上部に対面のサンクスが反射で写りこんでるが、タクシーから撮ったためで心霊写真ではない。中央の真っ暗なところが広場。

    (ビルは韓国広場に所有もしくは賃貸が移ったようで、現カナダラ)

    このページのトップヘ