新宿無駄写真

歌舞伎町、新宿、新大久保他の没写真

  • Twitter
  • RSS

    高田馬場

    20180831_001911
    元々大正製薬系の大正セントラルホテルだったのだが、ビジホ大手のサンルートにだいぶ前にブランドが変わった。そのためサンルートとしては小規模。右側の丸いアプローチからエスカレーターで入る変則的な構造で、規模に対しての電気代心配してしまう。朝食会場でもあるレストランは日中ふつうに営業しており若い頃にはよくひとりで変な時間に食べに行ったし、泊まったこともある。

    ホテルには影響ないんだけど、このビル1Fの三井住友銀行が退店して下のテナントどうなるんだろうなあ。

    20180830_144214
    高田馬場駅戸山口からしばらく行ったあたりを1つ入った坂の上のところから撮影。

    手前と奥の両方とも造成中。しかし間に道が挟まってるから、関係なくたまたまタイミングがあってただけかも。

    IMG_20180725_121122
    沙県シャオツー開店の頃より落ち着いていたので入れた(前回はこちら)。外国人率結構高めだが僕がいった昼にいた先客は中国人ではなく西洋系の観光客だった。
    IMG_20180725_121016
    バンメン(写真1枚目)とパーコーの蒸しスープ(2枚目)。バンメンは落花生ペースト感のあるスープが下に沈んだ感じの麺で自販機で買わせるというのは人を選びそう。量は多くない。蒸しスープは何種類かあるが深みがあってよい感じ

    行き方はこちらを参照

    食べログ

    関連ランキング:中華料理 | 高田馬場駅西早稲田駅面影橋駅

    20180612_180733_009
    沙県(さけん)小吃。中国本土に6万店あるお店だが、成り立ちが面白い。それの日本1号店? が高田馬場にできたのだが、中国人と中国マニアが物凄く並んでいて入れない(写真に列は入れなかった、歩道のガードレール側に行列ができている)。写真中央の人は店員でウエイトリストを持っている。
    後日いった。別記事へ。沙県小吃その2

    20180525_011005
    高田馬場、タックイレブンビル左脇の路地を入った(JR山手線)線路と(西武新宿線)の線路2つと川に挟まれた突き当たりに至る飲み屋街。最奥はDVD鑑賞屋でその向こうは神田川。前にも別アングルであげたがそれよりも奥のほう。永遠に開発されることもないこの路地だが、知っている人で複数、人生最期をどんつきの店主で終えた人もいる。そのぐらいは場末で、都内の飲み屋街のなかでも高田馬場のこのへんはガードにはりついた建物やこんな路地など、戦後昭和のおいてきぼり感が残るし、まず雑誌やウェブニュースに取り上げられることはごくごく僅か。ちなみにこの飲み屋街には写真右側の建物群の裏にもう1列道があるのだが、そちらはほぼアパートである(電車も近くうるさいし酔客が暴れたり放尿しかねないので環境はよくないが、駅から近いから何かしら理由があれば住むのだろう)。

    このページのトップヘ