新宿無駄写真

歌舞伎町、新宿、新大久保他の没写真

  • Twitter
  • RSS

    西新宿

    image

    ヨドバシの多国語アナウンスとダイコクドラッグのこのインバウンド中国人向け表記だけでかなり感じる。

    この前方の路地、エロゲー店舗も昔はあったが、ソフマップ系のPC店舗やブルセラショップもあったりかなり濃厚なヲタ路地だったりしたし、かつては右方向にもヲタ系の中古店やpc店があったりして今よりもそっち方面な感じだった。ヲタ嗅覚のあるとらのあなももう少し南口よりに出店しているが、実質的に新宿では厳しいのではないだろうか。

    しかし構造としては西新宿はヲタ街にもなりきれなかった。というのは1つは地域に高層ビルがあるために地価が高い。もう1つは上層階まで空きテナントが少ないので、新規進出をするのが難しかったのだ。俺も1回店を出そうとしたのでわかるのだが。

    話がそれたが、もう1つの秋葉原に一時期はなりかけていた場所だったのだ、この辺は。で、土地がなくて半端になっていると。

    残念ではあるが、土地がなかったりテナント料が高かったりすることでアキバのようなグレーな風俗業がばっこすることがなかったのが不幸にして幸いな部分か。

    image

    image

    右のユニクロの先は思い出横丁の手前の金券ショップの並ぶあたり。ガード向こうにはたのめーるの看板光る新宿カレイド。左は小田急ハルク、品川ステーションビル新宿をはじめとする雑然とした大規模雑居ビルたち。裏側はこちらも飲み屋街がある。

    交通量がないときは、この辺も意外と整然としているなあ。

    image

    image

    テラスシティの小田急百貨店と小田急ハルクが、模様などの動きのあるものを建物外壁に投影しています。新宿西口の各ビルは老朽化もしているのでいまの光景があと何年続くのかもわかりませんが、それら古いものでもこういった営業努力によって、建物に注目を集める効果はあるかもしれませんね。

    image

    西新宿はダイコクドラッグを先頭にだんだんと中国観光対応に舵を切っているのか、看板からしてこんなになってますが、今後も中国語が増えていきそうな気配。あと中国語が多くなってきてるのは歌舞伎町のランチ看板とかですかね。

    このページのトップヘ